0001-0003-047「佐渡郷土文化」47号

0001-0003-047「佐渡郷土文化」47号

佐渡郷土文化047

47 司馬凌海と洋学移入の問題点 (1) 生熊  文
47 佐渡わらべ唄考 丸山 久子
47 三人句会の思い出 山本修之助
47 <連載>第1回 文学作品としての 佐渡古民謡鑑賞 山本修之助
47 明治初期の村 -真野町新町- 山本 修巳
47 奇人伝「坂野平次郎」 山本修之助
47 枕草子第百四十三段「殿などおはしまさでのち」覚書き (2) 坂口 昭一
47 航海安全を祈る珍行事「戸賀の舞」 山本修之助
47 青野季吉先生の思い出 -筆蹟と筆書目録- 山本修之助
47 真野町新町の年中行事 山本園子・山本修司
47 竹こぼれ話 (2) 数馬あさじ
47 秀山「海陸順達記」の道をたどる (6) 佐藤利夫・三浦啓作
47 良寛母の生家跡記念碑除幕式 山本 修巳
47 佐渡の民話考 (24) -犬猫の巻[Ⅰ]- 犬神長者 (その2) 児玉 宗栄
47 句集 紫苑 佐々木たけ著  
47 森知幾と佐渡自由民権 (9) -一地方自治主義者とその時代・その未来 森 幾
47 連載 閑々亭雑記 (6) -佐渡関係史料- 山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  荏川文庫所蔵 文禄二年(1593)隆 山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  海府の山犬「御触書」と民謡 山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  端唄「秋の夜」と佐渡金銀山無宿 山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  刑場に引かれる無宿の辞世 :多十 山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  司馬凌海の妻春江のこと 山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  新発田収蔵の妻「ふく」のこと 山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  昌琢弟とある新発田収蔵文書 山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  小木遊女の「鉄奬(かね)つけ」式   山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  買いつけジョロシ(女郎子) 山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  「小木おけさ」のハヤシことば 山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  無芸の人の唄う「おけさ節」 山本修之助
47 連載 閑々亭雑記 (6)  「五重塔建立大工」の補遺 山本修之助

0001-0003-047「佐渡郷土文化」47号」への2件のコメント

  1. 宇都宮 より:

    「佐渡強度文化」 タイトルは了解しましたが、この本文をwebpageで読むことは出来ませんか?出来るとさらにいいです。

    • kazamasusumu より:

      宇都宮様、ごらん頂いた、47号の目次の先頭の「佐渡郷土文化047」の行をプロットしてください。PDFで全ページが表示されます。他号も同様ですのでご覧ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中