0001-0003-048「佐渡郷土文化」48号

0001-0003-048「佐渡郷土文化」48号

佐渡郷土文化048

48 「佐渡の伝説」について                大島 建彦
48 麦僊の「平牀」を見る                松田 昭三
48 司馬凌海と洋学移入の問題点 (2)          生熊  文
48 荷風作「父の恩」の大久保秋蘋について 高橋 俊夫
48 続・抽栄堂軒過録(来訪人名録)(1) -私の家を…- 昭和 7年~16年 山本修之助
48 高尾亮一氏の思い出                    山本 修巳
48 高尾亮一氏 -よみうり寸評-  
48 新潟県「祭りと行事」歳時記               山本修之助
48 相川町の二つの碑除幕式  
48 秀山「海陸順達記」の道をたどる (7) 佐藤利夫・三浦啓作
48 森知幾と佐渡自由民権 (10) -一地方自治主義者とその時代・その未来 森  幾
48 「真野中学校校歌」作詞の思い出 -「校歌の碑」建立にあ たりてー 山本修之助 
48 土田杏村逸文 -渡辺亮村著「佐渡おけさ」序-  
48 連載 閑々亭雑記 (7) -佐渡関係史料-        山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  弘長二年(1262)在銘の常楽寺古 山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  正光寺にあった国宝の古鐘 山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  文明十年(1478)在銘の鰐口 山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  寛永十八年(1641)の「身売証文」 山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  佐渡へ渡る船で水死した漢学者         山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  佐渡へ船出したが渡れなかった旅行者 山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  書家・蓮華峰寺住職道本和尚 山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  豊山派管長早川快亮 山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  三種の「塚原山八境」本 山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  真野宮宝物屏風の画家 山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  真野宮の「神殿遺蹟碑」 山本修之助
48 連載 閑々亭雑記 (7)  日下部鳴鶴の書いた真野宮社号 山本修之助
48 相川の江戸文化 -石井夏海を通して-            山本 修巳

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中